気を付けたいこと

毎月の返済額に応じてポイントがたまるサービスを提供する消費者金融と、ポイントサイトを通じて消費者金融カード発行を申し込み、発行後にポイントが加算されるものの二つのパターンについて、注意したい点を記します。

最初のパターンについては、まずもって借り過ぎないことです。ポイントを貯めようとするあまり、借り入れを増やすのはもってのほか。ローンを計画的に利用するうちにポイントが貯まっていくというくらいに思っておきましょう。借りるよりも他のサービスの利用と合わせて賢くポイントを貯めるほうが健全だと思います。

二つ目については、同じ消費者金融会社に複数回で申し込むのは避ける必要があります。また、一度口座開設やローン成約になったのにすぐ返済し、時間を置かず解約したといった履歴があると、不正申し込みとみなされてしまいます。

ポイントを稼ぐために消費者金融会社にカード発行を申し込むこと自体は不正ではありませんが、あまりにも申込件数が多いと、実際にローンを申し込む際に断られてしまう可能性があります。このようなサービスを利用したポイント獲得を指南する情報がネット上に出回っていますが、くれぐれも節度をもって利用することをお勧めいたします。

賢い利用方法

先のページで、消費者金融でポイントを付与するサービスのうち、1.毎月の返済額に応じてポイントがたまるサービスを提供する消費者金融と、2.ポイントサイトを通じて消費者金融カード発行を申し込み、発行後にポイントが加算されるものの二つのパターンがあると説明しました。それぞれについて、賢い利用方法をちょっとだけ説明します。

1. については、このようなサービスを提供している消費者金融で借り入れをする必要があります。毎月の返済額における利息部分に対して大手ECサイトのポイントサービスが付与されます。
そのほか大手ネットポイントサービス会社が提供する旅行券や航空会社のマイレージなどと交換するサービスとも連動しています。消費者金融の返済は比較的長くなりますので、ポイントもたまりやすくなります。
このようなポイントサービス会社は消費者金融の利用だけでなく、アンケートや、ネット上での買い物でもポイントが付与される場合がありますので、1つのポイントサービスに集中して利用するといいでしょう。

2. については、主なネットポイント会社をチェックし、付与率が最もよいサイトを利用するとよいでしょう。サイトを通じて申し込んだ消費者金融から実際に借り入れなくても、ポイントは付与されます。キャンペーンで通常よりもポイントが大幅に加算されている場合もありますので注意してチェックするとよいと思います。

消費者金融でポイント付与する理由

消費者金融でポイントを付与するサービスがあることをご存じでしょうか?
現在では、複数の消費者金融がこのようなサービスを提供しています。
消費者金融は〇年の貸金業法改正等によって、上限金利の引き下げと過払い金の返還が求められました。このことにより、それまで業界の中心を占めていた大手消費者金融の業績が悪化したのです。
大手や地方銀行は個人ローンのノウハウを得るため、大手消費者金融を買収し、グループの傘下に収めました。このことで銀行系ローン会社が次々設立され、従来よりも低金利の消費者金融サービスが広がることになります。

しかし金利だけでは他の消費者金融との差別化が困難になってきました。個人ローンの金利引き下げにも限度がありますし、下限金利の引き下げも貸し倒れリスクを考えればおのずと限度があります。そこで金利以外の点での差別化が求められました。その一つがポイントを付与するサービスなのです。

主にどのようなものがあるか、簡単に紹介すると、1.毎月の返済額に応じてポイントがたまるサービスを提供する消費者金融と、2.ポイントサイトを通じて消費者金融カード発行を申し込み、発行後にポイントが加算されるものの二つのパターンがあります。どちらも合法的なサービスで大変お得です。
この仕組みを上手に理解しておくと、思いがけずたくさんのポイントがたまり、商品やサービスと交換できます。本サイトではこの二つのパターンを中心に、その賢い利用方法と、注意点を簡単に説明します。

関連資料-http://noloan.com/
返済利息額に応じてポイントが貯まる消費者金融【ノーローン】

キャッシングの利用でポイントがたまる消費者金融について紹介します